利用規約(弔電)

本利用規約(以下「本規約」)は、葬儀社と株式会社アスカネット(以下「アスカネット」)がプラットフォームを提供する弔電支援サービス(以下「本サービス」といいます)の提供条件及び権利義務関係が定められています。
本サービスをご利用になる皆様は、以下に示す利用規約の内容を事前に承諾して頂くこととなりますので、必ずお読みくださいますようお願い申し上げます。

  • 第1条 (用語の定義)
    本規約に関する以下の用語は、それぞれ以下のとおり定義するものとします。
    (1) 「本サイト」とは、そのドメインが「https://tsunagoo.plus/」・「https://asbiz-cloud.com/」・「https://www.27900.jp/」である、アスカネットがシステムを提供するウェブサイト(当該ウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合には、当該変更後のウェブサイトを含みます)を指します。
    (2) 「訃報連絡受信者」とは本サービスにて葬家又はその他の者から訃報連絡を受けた者を総称していいます。
    (3) 「葬家」とは本サービスを利用する故人縁者である喪主などの葬儀を中心的に執り行う遺族のことをいいます。
    (4) 「送り主」とは、本サービスを利用して葬家に対して弔電及び葬儀供物を送る者を総称していいます。
    (5) 「葬儀社」とは本サービスの実行、葬家への弔電の交付、問い合わせ窓口などを行う者を総称していいます。
    (6) 「利用者」とは、「葬家」「訃報連絡受信者」「送り主」「葬儀社」を含む本サービスを利用する者を総称していいます。
    (7) 「利用者情報」とは、利用者が入力した、メールアドレス、住所、プロフィールなどすべての情報を指します。
  • 第2条 (総則)
    1 本サービスの利用にあたり、利用者は「tsunagooご利用ガイド」(https://asbiz-cloud.com/asuka/public/assets/pdf/tsunagoo_guide.pdf)の内容(当該内容も、本規約の内容に含まれるものとします)を遵守するものとします。
    2 利用者が本サービスを利用した場合、本規約のすべての内容について同意したものとみなします。
    3 アスカネットは本規約を、利用者への予告なしに変更できるものとします。本規約の変更後は、変更後の本規約が過去の規約に優先して適用されるものとし、変更後の本規約は、本サイトへの掲載をもって効力を発生するものとします。利用者が本規約の変更後に本サービスまたは本サイトを利用した場合には、利用者は変更後の本規約の内容に同意したものとみなします。
    4 葬儀社は、葬家が葬儀を執り行う権限を有することを保証するものとします。
  • 第3条 (利用開始時における本サービスの利用拒否)
    アスカネットは、利用者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、本サービスの利用を拒否することがあるものとします。
    (1) アスカネットに提供した利用者事項の全部または一部に虚偽、誤記もしくは不記載があった場合
    (2) 利用者が過去にアスカネットとの契約、規約等に違反した者であるとアスカネットが判断した場合
  • 第4条 (料金及び支払方法)
    1 送り主は、本サービスで提供される商品またはサービス等の購入もしくは利用の対価として、本サイトに表示する料金を、クレジット決済(送り主名義のクレジットカードに限定します)、銀行振込または現地払いのいずれかの方法により支払うものとします。
    2 クレジットカードでのお支払の場合は、送り主は、送り主がクレジットカード会社との間で別途契約した条件に従うものとします。送り主と当該クレジットカード会社との間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとし、アスカネットは一切の責任を負わないものとします。
    3 料金が葬儀社への銀行振込若しくは現地払いで支払われる場合は、送り主と葬儀社との二者間契約であり、アスカネットはその契約に一切関与することはありません。
    4 利用者が利用料金の支払を遅滞した場合、利用者は年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。
  • 第5条 (手数料)
    本サービスの利用に際してアスカネットから葬家に対して請求する手数料は発生しないものとします。
  • 第6条 (利用者情報について)
    1 各葬儀社は、各葬儀社が購入ページに掲載する個人情報保護方針に従い個人情報を取り扱うこととします。
    2 アスカネットは、利用者がアスカネットに提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、アスカネットの裁量で、利用及び公開することができるものとし、利用者はこれに異議を唱えないものとします。
    3 送り主は、送り主の住所、電話番号、メールアドレスを葬家が確認できることについて同意するものとします。
  • 第7条 (著作権等の帰属)
    本サービスで使用されている画像データ、文字データ及びソフトウェア等の著作権その他の全ての権利は、アスカネット又はその他の権利者に帰属します。利用者は、いかなる場合でも、無断で複写、転載、加工その他の使用をすることはできません。
  • 第8条 (利用の事後的な停止等)
    1 本サービスで以下の各号のいずれかの事由が判明した場合、アスカネットは利用者に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を保留、停止もしくは解除することがあります。
    (1) 利用者情報に虚偽の情報がある場合。
    (2) 本規約に反する行為があった場合。
    (3) その他、アスカネット又は葬儀社が不適切と判断する行為または事由があった場合。
    2 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、利用者は、アスカネットに対して負っている債務がある場合には、直ちに全ての債務の支払をしなければならないものとします。また、アスカネットは、前項に基づきアスカネットが行った行為により利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。
  • 第9条 (本サービスの一時的な中断)
    1 アスカネットは、利用者に事前の告知をすることなく、以下の各号のいずれかの理由で本サービスの全部または一部の提供を中断または停止することがあります。
    (1) 本サービスのシステムの保守、点検、修理をする時
    (2) 本サービスの稼働のための設備の保守、点検をする時
    (3) 火災、地震、停電などの不可抗力により、本サービスの提供ができなくなった時
    (4) その他、運用上または技術上等の理由により、アスカネットが本サービスの提供の中断または停止を行う必要があると判断した場合
    2 アスカネットは前項の本サービスの中断または停止によって生じた利用者の不利益または損害に関して、一切の責任を負わないものとします。
  • 第10条 (免責事項)
    1 アスカネットは、葬家並びに葬儀についての情報の正確性について保証するものではなく、これについての一切の責任を負わないものとします。
    2 アスカネットが相当の安全策を講じたにもかかわらず、以下のいずれかの事由により利用者に損害が生じた場合には、アスカネットは、いかなる責任も負わないものとします。
    (1) 通信回線やコンピュータ等に障害が生じたことにより、本サービスのシステムの中断・遅滞・中止等によって発生した損害
    (2) 本サービスのWEBページが改竄されたことにより生じた損害
    (3) 本サービスに関するデータへの不正アクセスにより生じた損害
    3 アスカネットは、利用者が本サービスを利用できなかったことにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。
    4 本条の免責事項に関し、アスカネットは、同社の故意または重大な過失により利用者に損害を与えた場合、利用者の損害につき、法令の定める範囲内で賠償する責任を負います。
    5 利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対して損害等を与えた場合には、当該利用者は自己の費用と責任で解決し、アスカネットには一切損害を与えないものとします。
  • 第11条 (禁止行為)
    利用者は、本サービスの利用にあたり、以下のいずれかに該当する行為を行うことを禁止します。
    (1) 本規約に違反する行為、または違反するおそれのある行為
    (2) 本サービスを利用する際、虚偽の内容を使用、記入、入力または送信等する行為
    (3) 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
    (4) 公序良俗に反する行為、または反するおそれのある行為
    (5) 不正な行為による本サービスのインフラへの攻撃行為
    (6) 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
    (7) 本サービスの運営を妨げる行為
    (8)  第三者に成りすます行為
    (9)  アスカネットが事前に許諾しない本サービス上での宣伝、公告、勧誘、又は営業行為
    (10)  暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力への利益供与
    (11) アスカネット、葬儀社、他の利用者、もしくは第三者の著作権、商標権などの知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    (12) その他、他の利用者、第三者、葬儀社またはアスカネットの権利を侵害し、もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
    (13) その他、アスカネット又は葬儀社が不適当または不適切と判断する行為
  • 第12条 (反社会的勢力排除条項)
    1 利用者は、次の各号の一に該当しないことを確認します。
    (1) 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力(以下、まとめて「反社会的勢力」という)に属すると認められるとき
    (2) 反社会的勢力が利用者に実質的に関与していると認められるとき
    (3) 反社会的勢力を利用していると認められるとき
    (4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
    (5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき
    (6) 自ら又は第三者を利用して、関係者に対し、詐術、暴力的行為、若しくは脅迫的言辞を用いたとき
    2 利用者は、反社会的勢力のいずれでもなく、また、反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人等でないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
  • 第13条 (秘密保持)
    1 利用者は、本サービスにおいて知り得た情報について、適切な方法で管理し、故意に葬家や故人、故人縁者と縁のない者に漏洩・開示してはなりません。
    2 利用者は、万一、個人情報・機密情報を漏洩し、又はそのおそれがある場合は、ただちにアスカネットに通知し、故意又は過失の有無を問わず、利用者の費用と責任でこれに対処するとともに、アスカネットに生じた一切の損害を賠償するものとします。
  • 第14条 (通知)
    1 利用者がアスカネットに連絡をする場合、利用者は、アスカネットが指定する方法及び連絡先に対し、連絡を行うものとします。
    2 アスカネットが利用者に連絡をする場合には、本サービス上での掲示、または利用者への電子メールなどにより行うものとします。ただし、利用者から正確な連絡先の提供がなされていない場合の不利益に関しては、アスカネットは一切責任を負わないものとします。
  • 第15条 (譲渡等の禁止)
    1 利用者は、アスカネットの書面による事前の承諾なく、本規約上の地位または本規約に基づく権利または義務につき、第三者に対し、譲渡、担保設定、貸与、その他の処分をすることはできません。
    2 アスカネットが本サービスに係る事業を第三者に譲渡する場合(事業譲渡、会社分割その他本サービスが移転する場合の一切を含みます。以下「事業譲渡等」といいます)には、当該事業譲渡等に伴い、本規約上の地位または本規約に基づく権利または義務並びに利用者情報を、当該事業譲渡等の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、当該譲渡につきあらかじめ承諾するものとします。
  • 第16条 (分離可能性)
    本規約のいずれかの条項または本規約の一部が、法令等により無効と判断された場合でも、本規約の残りの条項または本規約の残部は、引き続き完全に有効に存続するものとします。
  • 第17条 (準拠法及び管轄裁判所)
    1 本規約は、日本法を準拠法とします。
    2 本規約または本サービス(個別契約を含みます)に起因しまたは関連する一切の紛争については、広島地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  • 第18条 (協議)
    本規約に定めのない事項及び本規約の条項の解釈に疑義が生じた事項は、アスカネットと利用者とで誠実に協議のうえ解決するものとします。
  • 以上
    2018年3月23日制定
    2022年2月28日改訂
利用規約(供物)

本利用規約(以下「本規約」)は、葬儀社と株式会社アスカネット(以下「アスカネット」といいます。)がプラットフォームを提供するtsunagooサービスの内「葬儀供物サービス」(以下「本サービス」といいます。)の利用について定められています。
本サービスをご利用になる皆様は、以下に示す利用規約の内容を事前に承諾して頂くことになりますので、必ずお読みくださいますようお願い申し上げます。

  • 第1条 (定義)
    本規約に関する以下の用語は、それぞれ以下のとおり定義するものとします。
    (1) 「本サイト」とは、そのドメインが「https://tsunagoo.plus/」・「https://asbiz-cloud.com/」・「https://www.27900.jp/」である、アスカネットがシステムを提供するウェブサイト(当該ウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合には、当該変更後のウェブサイトを含みます)を指します。
    (2) 「訃報連絡受信者」とは本サービスにて葬家又はその他の者から訃報連絡を受けた者を総称していいます。
    (3) 「葬家」とは本サービスを利用する故人縁者である喪主などの葬儀を中心的に執り行う遺族のことをいいます。
    (4) 「送り主」とは、本サービスを利用して葬家に対して葬儀供物等お供えを送る者を総称していいます。
    (5) 「葬儀社」とは本サービスの実行、葬家への葬儀供物等の交付、問い合わせ窓口などを行う者を総称していいます。
    (6) 「利用者」とは、「葬家」「訃報連絡受信者」「送り主」「葬儀社」を含む本サービスを利用する者を総称していいます。
    (7) 「利用者情報」とは、利用者が入力した、メールアドレス、住所、プロフィールなどすべての情報を指します。
  • 第2条 (総則)
    1 利用者が本サービスを利用した場合、本規約のすべての内容について同意したものとみなします。
    2 アスカネットは本規約を、利用者への予告なしに変更できるものとします。本規約の変更後は、変更後の本規約が過去の規約に優先して適用されるものとし、変更後の本規約は、本サイトへの掲載をもって効力を発生するものとします。利用者が本規約の変更後に本サービスまたは本サイトを利用した場合には、利用者は変更後の本規約の内容に同意したものとみなします。
  • 第3条 (利用開始時における本サービスの利用拒否)
    アスカネットは、利用者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、本サービスの利用を拒否することがあるものとします。
    (1) アスカネットに提供した利用者情報の全部または一部に虚偽、誤記もしくは不記載があった場合
    (2) 利用者が過去にアスカネットとの契約、規約等に違反した者であるとアスカネットが判断した場合
  • 第4条 (本サービス提供について)
    1 申し込み方法
    本サービスより葬儀供物の申込みをするものとします。
    2 お申し込み時間
    商品のお申し込みは24時間お受け致しますが、サーバのメンテナンス等により、お申し込みをお受けできない場合があります。この場合でも、アスカネットは一切の責任を負わないものとします。
    3 表示価格
    表示価格は税込みとします。
    4 お支払い方法
    (1) 本サービス利用により生じる代金は、クレジット決済(送り主名義のクレジットカードのみに限定します)、銀行振込若しくは現地払いのいずれかの方法により支払うものとします。クレジットカードのご請求明細書には「アスカネット 葬儀供物サービス」と表示されます。
    (2) クレジットカードでのお支払の場合は、送り主は、送り主がクレジットカード会社との間で別途契約した条件に従うものとします。送り主と当該クレジットカード会社との間で紛争が発生した場合は、当該当事者双方で解決するものとし、アスカネットは一切の責任を負わないものとします。
    (3) アスカネットは葬儀社の決済代行者として送り主より料金を受け取るものであることを確認します。
    (4) 料金が葬儀社への銀行振込若しくは現地払いで支払われる場合アスカネットは料金のお支払いに一切関与することはありません。
    5 契約の成立時点
    「注文完了画面」が表示された時点で、ご注文いただいた葬儀供物に関して、送り主と葬儀社の間で売買契約が成立するものとします。
    6 キャンセル・変更
    お問い合わせ窓口にご連絡ください。
    ご注文時の商品ページならびに注文後の返信メールをご確認ください。
    7 葬儀社の保証
    葬儀社は、葬家が葬儀を執り行う権限を有することを保証するものとします。
  • 第5条 (送り主の情報)
    送り主は、送り主の住所、電話番号、メールアドレスなどを葬家が確認できることについて同意するものとします。
  • 第6条 (利用者の禁止事項)
    利用者は、本サービスの利用にあたり、以下のいずれかに該当する行為を行うことを禁止します。
    (1) 本規約に違反する行為、または違反するおそれのある行為
    (2) 本サービスを利用する際、虚偽の内容を使用、記入、入力または送信等する行為
    (3) 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
    (4) 公序良俗に反する行為、または反するおそれのある行為
    (5) 不正な行為による本サービスのインフラへの攻撃行為
    (6) 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
    (7) 本サービスの運営を妨げる行為
    (8)  第三者に成りすます行為
    (9)  アスカネットが事前に許諾しない本サービス上での宣伝、公告、勧誘、又は営業行為
    (10)  暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力への利益供与
    (11)  株式会社アスカネット、葬儀社、他の利用者、もしくは第三者の著作権、商標権などの知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    (12) その他、他の利用者、第三者、葬儀社またはアスカネットの権利を侵害し、もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
    (13) その他、株式会社アスカネット又は葬儀社が不適当または不適切と判断する行為
  • 第7条 (反社会的勢力排除条項)
    1 利用者は、次の各号の一に該当しないことを確認します。
    (1) 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力(以下、まとめて「反社会的勢力」という)に属すると認められるとき
    (2) 反社会的勢力が利用者に実質的に関与していると認められるとき
    (3) 反社会的勢力を利用していると認められるとき
    (4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
    (5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき
    (6) 自ら又は第三者を利用して、関係者に対し、詐術、暴力的行為、若しくは脅迫的言辞を用いたとき
    2 利用者は、反社会的勢力のいずれでもなく、また、反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人等でないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
  • 第8条 (サービスの中断、停止)
    1 アスカネットは、利用者に事前の告知をすることなく、以下の各号のいずれかの理由で本サービスの全部または一部の提供を中断または停止することがあります。
    (1) 本サービスのシステムの保守、点検、修理をする時
    (2) 本サービスの稼働のための設備の保守、点検をする時
    (3) 火災、地震、停電などの不可抗力により、本サービスの提供ができなくなった時
    (4) その他、運用上または技術上等の理由により、アスカネットが本サービスの提供の中断または停止を行う必要があると判断した場合
    2 アスカネットは前項の本サービスの中断または停止によって生じた利用者の不利益または損害に関して、一切の責任を負わないものとします。
  • 第9条 (サービス内容の変更、中止)
    1 アスカネットは、送り主への事前通知、承諾なしに本サービスのサービス内容を変更、または中止する場合があります。
    2 前項に基づき、サービス内容を変更・中止した場合といえども、送り主に不利益、損害が生じた場合、アスカネットは、その責任を免れるものとします。
  • 第10条 (免責)
    1 アスカネットは、葬家並びに葬儀についての情報の正確性について保証するものではなく、これについての一切の責任を負わないものとします。
    2 アスカネットが相当の安全策を講じたにもかかわらず、以下のいずれかの事由により利用者に損害が生じた場合には、アスカネットは、いかなる責任も負わないものとします。
    (1) 通信回線やコンピュータ等に障害が生じたことにより、本サービスのシステムの中断・遅滞・中止等によって発生した損害
    (2) 本サービスのWEBページが改竄されたことにより生じた損害
    (3) 本サービスに関するデータへの不正アクセスにより生じた損害
    3 アスカネットは、利用者が本サービスを利用できなかったことにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。
    4 本条の免責事項に関し、アスカネットは、同社の故意または重大な過失により利用者に損害を与えた場合、利用者の損害につき、法令の定める範囲内で賠償する責任を負います。
    5 利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対して損害等を与えた場合には、当該利用者は自己の費用と責任で解決し、株式会社アスカネットには一切損害を与えないものとします。
  • 第11条 (個人情報の取扱)
    1 「個人情報」とは、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができるものを含む)を意味するものとします。
    2 葬儀社は、本サービスの遂行に際して個人情報を取り扱う場合には、個人情報管理者としてそれぞれ個人情報の保護に関する法律を遵守して、本サービスの目的の範囲において個人情報を取り扱うものとし、目的以外にこれを取り扱わないものとします。
    3 葬儀社は、個人情報の取り扱いに関わる責任者を選任し、かつ本サービスの利用に関して個人情報を取り扱う者を特定しなければなりません。
    4 葬儀社は、個人情報の記録媒体及びデータを施錠可能な場所に保管し、又は情報システム内で管理します。情報システム内で管理する場合には特定された利用者のみが個人情報にアクセスできるように、識別情報(ID、パスワード等)を設定します。
    5 葬儀社は、本サービスの利用が終了した場合、預託された個人情報並びにその記録媒体及びデータを、直ちに返却するか、破棄するか又は消去します。
    6 葬儀社は、個人情報への不当なアクセス又は個人情報の紛失、盗難、改ざん、漏洩等の危険に対し、合理的な安全対策を講じることとします。
    7 葬儀社は、受領した個人情報を、本契約の目的の範囲を超えて、加工、利用、複写又は複製してはならず、これを取り扱ってはなりません。
    8 葬儀社は、以下の各号のいずれかの場合を除くほか、第三者に対して個人情報を提供してはなりません。
    ① 当該個人が明示的に同意している場合
    ② 当該個人の同意を得ることが困難な場合であって、人の生命、身体又は財産の保護若しくは公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
    ③ 各種法令の規定により提出を求められた場合、及びそれに準ずる公共の利益のために必要があるとき
    9 葬儀社は、前項までに定めるものの他、葬儀社が購入ページに掲載する個人情報保護方針に従い個人情報を取り扱うこととします。
  • 第12条 (合意管轄)
    本サービスに関する一切の紛争については、広島地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  • 第13条 (準拠法)
    本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されるものとします。
  • 以上
    2017年7月21日制定
    2022年2月28日改訂
利用規約(香典)

本利用規約(以下「本規約」)は、葬儀社と株式会社アスカネット(以下「アスカネット」)がプラットフォームを提供する香典支援サービス(以下「本サービス」)の提供条件及び権利義務関係が定められています。
本サービスをご利用になる皆様は、以下に示す利用規約の内容を事前に承諾して頂くこととなりますので、必ずお読みくださいますようお願い申し上げます。

  • 第1条 (用語の定義)
    本規約に関する以下の用語は、それぞれ以下のとおり定義するものとします。
    1 「本サイト」とは、そのドメインが「https://tsunagoo.plus/」・「https://asbiz-cloud.com/」・「https://www.27900.jp/」である、アスカネットがシステムを提供するウェブサイト(当該ウェブサイトのドメインまたは内容が変更された場合には、当該変更後のウェブサイトを含みます)を指します。
    2 「葬家」とは本サービスを利用する故人縁者である喪主などの葬儀を中心的に執り行う遺族のことをいいます。
    3 「訃報連絡受信者」とは本サービスにて葬家又はその他の者から訃報連絡を受けた者を総称していいます。
    4 「送り主」とは、本サービスを利用して葬家に対してお供えを送る者を総称していいます。
    5 「葬儀社」とは本サービスの実行、葬家への香典の支払い、問い合わせ窓口などを行う者を総称していいます。
    6 「利用者」とは、「葬家」「訃報連絡受信者」「送り主」「葬儀社」を含む本サービスを利用する者を総称していいます。
  • 第2条 (総則)
    1 本サービスの利用にあたり、利用者は「tsunagooご利用ガイド」(https://asbiz-cloud.com/asuka/public/assets/pdf/tsunagoo_guide.pdf)の内容(当該内容も、本規約の内容に含まれるものとします)を遵守するものとします。
    2 利用者が本サービスを利用した場合、本規約のすべての内容について同意したものとみなします。
    3 アスカネットは本規約を、利用者への予告なしに変更できるものとします。本規約の変更後は、変更後の本規約が過去の規約に優先して適用されるものとし、変更後の本規約は、本サイトへの掲載をもって効力を発生するものとします。利用者が本規約の変更後に本サービスまたは本サイトを利用した場合には、利用者は変更後の本規約の内容に同意したものとみなします。
    4 アスカネットは、本利用規約を変更した場合には、必要と思われる利用者のうち、アスカネットが連絡手段を有する者に対して当該変更内容を通知するものとします。
  • 第3条 (利用開始時における本サービスの利用拒否)
    アスカネットは、利用者が以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、本サービスの利用を拒否することがあるものとします。
    (1) アスカネットに提供した利用者情報の全部または一部に虚偽、誤記もしくは不記載があった場合
    (2) 利用者が過去にアスカネットとの契約、規約等に違反した者であるとアスカネットが判断した場合
  • 第4条 (本サービスの内容)
    1 葬家は本サービスにおいて、訃報連絡受信者から香典を受付けるかを自らの意思により選択することができます。ただし、訃報連絡を送信した後に上記の意思を変更することはできないものとします。
    2 葬家は、本サービスの利用にあたり、香典の受付けを希望した場合、葬儀社との取り決めにより香典を受け取る方法を決定するものとします。
    3 本サービスは、利用にあたり訃報連絡を受け取った訃報連絡受信者が、故人もしくは葬家に縁のある第三者に広めることになります。それにより、利用者が何らかの不利益を被ったとしてもアスカネットはその責任を一切負わないものとし、利用者はその可能性を理解したうえで本サービスを利用することとします。
    4 訃報連絡受信者は、本サービスにて訃報連絡を受領することにより、自分以外の故人・葬家それぞれの縁者に対して任意に当該葬儀の訃報連絡の送信や、葬家に対して弔電メッセージの送信、お供えをすることができるものとします。ただし、本条第1項において葬家がそれを望まない場合は、この限りではありません。
    5 葬儀社は香典に関わるサービスの業務内容、サービスの名称、対価を定めることができます。
    6 アスカネットは、同社の都合により、本サービスをいつでも追加、変更、中断、終了することができます。
    7 葬儀社は、葬家が葬儀を執り行う権限を有することを保証するものとします。
  • 第5条 (本サービスの一時的な中断)
    1 アスカネットは、利用者に事前の告知をすることなく、以下の各号のいずれかの理由で本サービスの全部または一部の提供を中断または停止することがあります。
    (1) 本サービスのシステムの保守、点検、修理をする時
    (2) 本サービスの稼働のための設備の保守、点検をする時
    (3) 火災、地震、停電などの不可抗力により、本サービスの提供ができなくなった時
    (4) その他、運用上または技術上等の理由により、アスカネットが本サービスの提供の中断または停止を行う必要があると判断した場合
    2 アスカネットは前項の本サービスの中断または停止によって生じた利用者の不利益または損害に関して、一切の責任を負わないものとします。
  • 第6条 (香典の支払い)
    1 送り主から葬家に対しての香典は、受付終了時点までに取得している決済情報をもとに、火葬日から7日以降を目安(日数については、保証するものではありません)に葬家に支払います。ただし、葬家が本利用規約に違反した場合、または、その他葬家に香典を支払うことが適切ではないと合理的にアスカネットもしくは葬儀社が判断する場合等は、この限りではありません。
    2 葬家は、集められた香典について、受け取りの辞退をできないものとします。ただし、別途アスカネットと書面(電子メール等)の合意があった場合はこの限りではありません。
    3 葬家は、アスカネットによる承諾がない限り、本サービスに関する権利または義務の全部または一部を第三者に譲渡してはならないものとします。
    4 葬儀社は本サービスのご遺族ページを葬家に提示し、香典金額が確認できることを伝えなければなりません。
    5 葬儀社は、葬家に対し、香典を香典袋におさめた現金でお渡し致します。
  • 第7条 (香典の使途)
    1 送り主が送った香典の使途は、葬家の自由裁量に委ねられるものであり送り主の意思に拘束されないものとし、送り主はこれに同意します。アスカネット及び葬儀社はこれについて一切の責任を負わないものとします。
    2 送り主は、送り主の住所、電話番号、メールアドレスなどを葬家が確認できることについて予め包括的に同意しているものとします。
  • 第8条 (香典の返還・キャンセル)
    1 アスカネット、葬儀社及び葬家は、次に掲げる事由の他いかなる理由があっても、一度送り主から本サービスを通じて受領した香典については、返還することはできないものとします。
    ① 葬家都合による葬儀の中止等その他の事情変更
    ② 葬儀に関する誤信
    ③ 第三者との間での問題発生
    ④ 本サービスの追加、変更、中断、終了
    2 前項の定めに拘わらず、葬家が本利用規約に違反した場合、または、その他葬家に香典を支払うことが適切ではないと合理的にアスカネット又は葬儀社が判断した場合には、アスカネットが取得している香典の決済をキャンセルすることがあります。この場合、アスカネット及び葬儀社は、その理由について開示義務を負わず、また、利用者に不利益・損害が発生した場合においても、アスカネット及び葬儀社はその責任を負いません。
  • 第9条 (手数料)
    1 本サービスの利用に際してアスカネットから葬家に対して請求する手数料は発生しないものとします。
    2 前項以外に、アスカネット及び葬儀社の責めに帰さない事由によって生じた費用(指定された口座情報の誤りによる再振込み等)については葬家の負担とします。
    3 葬儀社は、葬家の事務作業、振込手数料軽減のため、別途特段の合意をしない限り、香典から本条2項に記載する手数料相当額を相殺したうえで葬家に支払うものとします。
  • 第10条 (税金)
    1 本サービスを利用する場合には、葬家又は送り主に対し、税金が課せられることがありますが、かかる課税についてアスカネット及び葬儀社は一切関与しないものとし、アスカネット及び葬儀社以外の利用者が自らの責任で処理するものとします。
    2 本サービスにより送られる香典は、個人に対する寄付のため基本的に寄付金控除の対象にはなりません。仮に寄付金控除の対象となる場合であっても、その内容確認及び手続等についても、アスカネット及び葬儀社以外の利用者の責任で処理するものとします。
  • 第11条 (免責事項)
    1 アスカネットは、葬家並びに葬儀についての情報の正確性について保証するものではなく、これについての一切の責任を負わないものとします。
    2 アスカネットが相当の安全策を講じたにもかかわらず、以下のいずれかの事由により利用者に損害が生じた場合には、アスカネットは、いかなる責任も負わないものとします。
    (1) 通信回線やコンピュータ等に障害が生じたことにより、本サービスのシステムの中断・遅滞・中止等によって発生した損害
    (2) 本サービスのWEBページが改竄されたことにより生じた損害
    (3) 本サービスに関するデータへの不正アクセスにより生じた損害
    3 アスカネットは、利用者が本サービスを利用できなかったことにより発生した一切の損害について、いかなる責任も負わないものとします。
    4 本条の免責事項に関し、アスカネットは、同社の故意または重大な過失により利用者に損害を与えた場合、利用者の損害につき、法令の定める範囲内で賠償する責任を負います。
    5 利用者が、本サービスを利用することにより、第三者に対して損害等を与えた場合には、当該利用者は自己の費用と責任で解決し、アスカネットには一切損害を与えないものとします。
  • 第12条 (利用の事後的な停止等)
    1 本サービスで以下の各号のいずれかの事由が判明した場合、アスカネットは利用者に事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を保留、停止もしくは解除することがあります。
    (1) 利用者情報に虚偽の情報がある場合。
    (2) 本規約に反する行為があった場合。
    (3) その他、アスカネット又は葬儀社が不適切と判断する行為または事由があった場合。
    2 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、利用者は、アスカネットに対して負っている債務がある場合には、直ちに全ての債務の支払をしなければならないものとします。また、前項に基づきアスカネットが行った行為により利用者に生じた損害について、アスカネットは一切の責任を負いません。
  • 第13条 (禁止事項)
    利用者は、本サービスの利用にあたり、以下のいずれかに該当する行為を行うことを禁止します。
    (1) 本規約に違反する行為、または違反するおそれのある行為
    (2) 本サービスを利用する際、虚偽の内容を使用、記入、入力または送信等する行為
    (3) 法令に違反する行為又は犯罪行為に関連する行為
    (4) 公序良俗に反する行為、または反するおそれのある行為
    (5) 不正な行為による本サービスのインフラへの攻撃行為
    (6) 本サービスのネットワーク又はシステム等に過度な負荷をかける行為
    (7) 本サービスの運営を妨げる行為
    (8)  第三者に成りすます行為
    (9)  アスカネットが事前に許諾しない本サービス上での宣伝、公告、勧誘、又は営業行為
    (10)  暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力への利益供与
    (11) アスカネット、葬儀社、他の利用者、もしくは第三者の著作権、商標権などの知的財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
    (12) その他、他の利用者、第三者、葬儀社またはアスカネットの権利を侵害し、もしくは損害を与える行為、またはそれらのおそれのある行為
    (13) その他、アスカネット又は葬儀社が不適当または不適切と判断する行為
  • 第14条 (反社会的勢力排除条項)
    1 利用者は、次の各号の一に該当しないことを確認します。
    (1) 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力(以下、まとめて「反社会的勢力」という)に属すると認められるとき
    (2) 反社会的勢力が利用者に実質的に関与していると認められるとき
    (3) 反社会的勢力を利用していると認められるとき
    (4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められるとき
    (5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しているとき
    (6) 自ら又は第三者を利用して、関係者に対し、詐術、暴力的行為、若しくは脅迫的言辞を用いたとき
    2 利用者は、反社会的勢力のいずれでもなく、また、反社会的勢力が経営に実質的に関与している法人等でないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
  • 第15条 (本利用規約等違反行為への対処)
    1 利用者が本利用規約又はその他アスカネットが定める規約等に違反したと認められる場合、その他アスカネットが必要と認める場合は、アスカネットは当該利用者に対し、事前の催告なくして、本サービスの利用の停止その他必要な処分をすることができるものとします。また、これらの処分により利用者に不利益・損害が発生した場合においても、アスカネットはその責任を負いません。
    2 利用者は、アスカネットが本利用規約に基づいて行った本利用規約に違反する行為等への対処について、異議を申し立てることはできないものとします。
    3 利用者の行為によってアスカネットに損害が発生している場合、アスカネットが第1項の措置をとったかどうかにかかわらず、アスカネットはその利用者に対して損害賠償請求をすることができます。
  • 第16条 (機密情報の取扱い)
    1 利用者は、本サービスにおいて知り得た情報について、適切な方法で管理し、故意に葬家や故人、故人縁者と縁のない者に漏洩・開示してはなりません。
    2 利用者は、万一、個人情報・機密情報を漏洩し、又はそのおそれがある場合は、ただちにアスカネットに通知し、故意又は過失の有無を問わず、利用者の費用と責任でこれに対処するとともに、アスカネットに生じた一切の損害を賠償するものとします。
  • 第17条 (利用者情報について)
    1 各葬儀社は、各葬儀社が購入ページに掲載する個人情報保護方針に従い個人情報を取り扱うこととします。
    2 アスカネットは、利用者がアスカネットに提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、アスカネットの裁量で、利用及び公開することができるものとし、利用者はこれに異議を唱えないものとします。
    3 送り主は、送り主の住所、電話番号、メールアドレスを葬家が確認できることについて同意するものとします。
  • 第18条 (通知)
    1 アスカネットから利用者に対する通知その他の連絡は、アスカネット指定の方法にて行うものとします。ただし、アスカネットが必要であると判断した場合には、アスカネットから当該利用者の登録電話番号やメールアドレス等に個別的に通知を行う場合があります。ただし、利用者が登録電話番号やメールアドレス変更の届出を怠る、あるいは利用者がアスカネットからの通知を受領しないなど利用者の責めに帰すべき事由により、アスカネットが行った通知又は送付した書類等が延着し又は到達しなかった場合は、通常到達すべき時に到達したものとします。
    2 葬儀社以外の利用者から本サービスへの連絡は、本サイト下部の葬儀社の連絡先へ記載の電話番号へ電話で行うか、葬儀社のフォームに従ったメールの送信により行うものとします。
  • 第19条 (分離可能性)
    本規約のいずれかの条項または本規約の一部が、法令等により無効と判断された場合でも、本規約の残りの条項または本規約の残部は、引き続き完全に有効に存続するものとします。
  • 第20条 (権利譲渡の禁止)
    1 利用者は、予めアスカネットの書面による承諾がない限り、本規約上の地位および本規約に基づく権利または義務の全部または一部を第三者に譲渡、担保設定、貸与その他の処分をしてはならないものとします。
    2 アスカネットが本サービスに係る事業を第三者に譲渡する場合(事業譲渡、会社分割その他本サービスが移転する場合の一切を含みます。以下「事業譲渡等」といいます)には、当該事業譲渡等に伴い、本規約上の地位または本規約に基づく権利または義務並びに利用者情報を、当該事業譲渡等の譲受人に譲渡することができるものとし、利用者は、当該譲渡につきあらかじめ承諾するものとします。
  • 第21条 (準拠法及び管轄裁判所)
    1 本規約は、日本法を準拠法とします。
    2 本規約または本サービス(個別契約を含みます)に起因しまたは関連する一切の紛争については、広島地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
  • 第22条 (協議)
    本規約に定めのない事項及び本規約の条項の解釈に疑義が生じた事項は、アスカネットと利用者で誠実に協議のうえ解決するものとします。
  • 以上
    2020年8月3日制定
    2022年2月28日改訂